カテゴリ一覧

業 績 - 最新エントリー

 理学療法ジャーナル

51巻1

2017年1月15日

 尊厳死と安楽死――「死ぬ権利」の法制化は「尊厳ある最期」を保障できるか

思想 2017年2月号
no.1114 pp.74-97

 53回医学系大学倫理委員会連絡会議

ロイトン札幌 (札幌市

201672

日時:平成28年7月11日(月)
場所: 静岡大学静岡キャンパス共通教育A棟203
    https://www.shizuoka.ac.jp/access/

目次

1 イノベーションを理解する上で必須の3つのキーワードIoT, Big Data, AI

2 医療におけるIoT(モノのインターネット)とビッグデータ、その利点と問題点

3 IoT,ビッグデータ,AIの社会実装に関わる問題

   (1)サイバー攻撃

   (2)大量監視とプライバシーの問題

 

 

 

 ドイツ学術交流会DAAD 東アジア会議「第四回ライフサイエ ンス・シンポジウム」 工学、医学、自然科学におけるライフサイクル・マネジメント 

East Asian Germany Alumni’s "4th Life Science Symposium" and Engineering

Lifecycle Management 

in Engineering, Medicine and Natural Sciences Tokyo, June 3-5, 2016  

2016年6月3日 東京ドイツ文化会館センター ホール 

Keynote Speech 

Ethical, Legal and Social Issues of Big data and IoT in medicine and healthcare基調講演

医学およびヘルスケアにおけるビッグデータと IoT(インターネットオブシングス)の倫理的、法的、社会的な問題

 現代の医療倫理とその歴史的背景

榛原総合病院 倫理研修会

2016.1.29

目次

 倫理,道徳と 
 医療倫理の歴史
  1 伝統的な医の倫理西洋および中国,日本
  2 戦後の医療倫理

      倫理上の基本原則

      モラルジレンマ 

 医療者の徳と
 
 

 尊厳死法は尊厳ある死を保障できる
2016.1.30(東京)

公益財団法人東洋哲学研究所

目次

 死に方についての法制化

  世界と日本の状況,用語の整理

 尊厳死法案と

 事前指示自己決定を実現する道具になりうるか

 尊厳死法が制定されたら,どうなる? 法制化は必要なのか?

 尊厳死法に代わる対案

 WHOの健康定義に代わる新しい健康概念の意義について

 

キーワード:健康,医療化,先制医療,過剰医療,エンハンスメント,過少医療,無益な治療,尊厳死

山﨑 純 ヘーゲル歴史哲学の実像に迫る――新資料に基づく最終学期の構想

思索 48号 東北哲学研究会 2015年10月 23-56頁

論文PDF

 表1,2

「介護と福祉のまちづくり講座 Ⅲ」

2015年12月5日(土)

江尻生涯学習交流館 

要旨 

放送大学 連続公開講演会「いのちを考える」

【第1回】死をめぐる生命倫理
日時:2015年11月14日(土) 10:00~11:30
会場:あざれあ(静岡県男女共同参画センター)

第14回一橋哲学フォーラム
日時:2015年9月14日(月)
場所:一橋大学佐野書院

 静岡大学・読売新聞連続市民講座2015「〈生きる〉を考える」

第一回「変貌する身体と生命~サイボーグ化とデジタル化の未来~」

2015年8月22日

あざれあ六F大ホール(静岡市)

 放送大学公開講演会「病気があっても元気だといえる人生~新しい健康観と、医療とのつきあい方~」
2015年8月9日(日) 午後1時30分~3時
クリエート浜松4F 特別講義室

日本ヘーゲル学会第21回研究大会シンポジウム 「ヘーゲルにおける宗教の本質と現代の人間」
提題 宗教と国家との和解――宗教の私事化から再公共化へ
2015年6月6日(土)
高野山大学

 

東部生涯学習センター「自分と家族の生き方講座」

静岡市東部生涯学習センター(静岡市)

201537 

 現代日本ゼミナール

静岡県男女共同参画センターあざれあ(静岡市)

2015228

 『総合診療』第25巻第3号,医学書院,2015年2月,258-260

難治性疾患等実用化研究事業「希少性難治性疾患-神経・筋難病疾患の進行抑制治療効果を得るための新たな医療機器,生体電位等で随意コントロールされた下肢装着型補助ロボット(HAL-HN01)に関する医師主導治験の実施研究」班会議

東京国際フォーラム(東京都)

2015131

文部科学省大学間連携共同教育推進事業「四国の全薬学部の連携・共同による薬学教育改革」特別講演

松山大学

20141127

オーガナイザー

主催:在宅医療と介護の倫理的・法的問題研究プロジェクト

静岡市産学交流センター・ビネスト

2014年9月20