カテゴリ一覧
  • カテゴリ 論文 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

業 績 - 七月革命の衝撃とヘーゲル--宗教と国家の関係をめぐる最晩年の思索

七月革命の衝撃とヘーゲル--宗教と国家の関係をめぐる最晩年の思索

カテゴリ : 
ヘーゲル研究 » 論文

単著  1993.1.20
静岡大学哲学会 文化と哲学 第10号
ヘーゲルが七月革命から受けた衝撃の意味を、近代における国家と宗教の関係をめぐる問題としてとらえ、これまでの研究で活用されなかった「歴史哲学」と「宗教哲学」の二つの最終講義のなかに、最晩年の思想的境位をさぐる。21~42頁(22 頁)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://153.128.37.192/modules/d3blog/tb.php/124