カテゴリ一覧
  • カテゴリ 論文 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

業 績 - ヘーゲル宗教哲学の形成と構造

ヘーゲル宗教哲学の形成と構造

カテゴリ : 
ヘーゲル研究 » 論文

単著  1994.7.30
静岡大学人文学部 人文論集 第45-1号
 『宗教哲学講義』の最新版に基づいて、「序論」と「第一部 宗教の概念」の各年度ごとの編成原理と構成の変化を歴史的-構造的視点から考察し、「宗教哲学」の形成過程を解明した。円熟した「体系家ヘーゲル」というイメージに反し、初年度には目を覆いたくなるような破綻に陥っていき、講義の体系的原理が確立したのは、やっと三回目の一八二七年であったことを明らかにした。59~95頁(37 頁)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://153.128.37.192/modules/d3blog/tb.php/120