カテゴリ一覧
  • カテゴリ ヘーゲル研究 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

業 績 - 人間学--その歴史と射程

人間学--その歴史と射程

カテゴリ : 
ヘーゲル研究 » 著書

共著  1995.4.15   
創文社(東京)231 頁
現代における人間科学の影響によって新たな展開を見せている人間学を、その歴史的な成立と体系的な射程にわたって概観した。第1 部で古代ギリシャ以来から現代までの人間学の歴史的な展開をたどり、第2 部では多角的な視点から人間学の主題を考察した。担当部分ではヘーゲル、フォイエルバッハ、マルクスの人間観を、ヘーゲルの媒介性の人間学からフォイエルバッハの感性的な直接性へ、そしてマルクスによる媒介性の人間存在論の再興という流れで示し、西洋近代に成立した抽象的な「人間」概念の意味について考察した。
金子晴勇(編著)、山下秀智、浜渦辰二、小田垣雅也、近藤恒一、加藤武、稲村秀一、池田善昭ほか5 名。
分担: ドイツ観念論、その完成と解体における人間学 87 ~100 頁(14 頁)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://153.128.37.192/modules/d3blog/tb.php/108